information

お知らせ

飯塚さんの場合

 

普段は知ることのできないケーキ屋さんの裏側を、乳菓子屋の新入社員がこっそり暴露しちゃうコーナー第4弾!  今回は、入社1ヶ月というフレッシュな顔が登場します。さてさて、どんなエピソードが飛び出すでしょうか…!?

 

 

 

幼い頃から両親の背中を追いかけて育ちました。

 

飯塚さんは、ご実家がケーキ屋さんなんですよね。

 

飯塚
そうなんです! 玉名市でケーキ店を営んでいます。

お菓子は常に身近な存在でしたし、小学生の頃から店を手伝ってきたので

自然と「将来は自分もケーキ職人に」と思うようになりましたね。

 

やっぱり「継いでほしいな」みたいなご両親の想いも感じていました?

 

飯塚
いえ、実はそういうプレッシャーは全然なかったです。
両親も「無理に製菓の道に入らなくてもいいし、好きなことをやって」と
言われていたので。だから、完全に自分の意志ですね。

 

そうなんですか〜。素敵なご両親ですね!

 

飯塚
いろんなお店で働いてみて、改めて店を続けてきた親への尊敬というか…

自分の親、という立場以外の視点で見ることができるようになりました。

 

なるほど。これまではどんな環境で働いてこられたんですか?

 

飯塚
福岡ビジョナリーアーツという専門学校で製菓を専攻して

卒業後は、まず福岡の個人店でケーキ職人としてスタートしました。

いろんな経験をしたいなと思っていたので転職にもチャレンジして

結婚式場の専属パティシエとして働いたこともあります。

 

結婚式場! 華やかなイメージですね。

 

飯塚
仕事は工房の中でのお菓子づくりなので、地味ですけどね(笑)

そこでは婚礼の引き菓子を中心に、コース料理のデザートプレートなど

いろんなお菓子を作っていました。でも、コロナの影響で

施設自体が休業することになってしまって…。

少し前から「もっとお客様に近い環境で仕事がしたい」と

思い始めていたので、思い切って熊本に帰ってきました!

 

 

 

 

まずは、ケーキ職人の勘を取り戻したい!

 

たくさんのケーキ店から乳菓子屋を選んだ理由を教えてください。

 

飯塚
たまたま求人広告を見たからです(笑)
実は、問い合わせをする前にお店に来てみたんですが
シンプルに、いい雰囲気のお店だなと思いました。

前職では結婚式場という性質上、焼き菓子がメインだったので

ホールで切り分ける生ケーキというスタイルも新鮮で。

 

入社して10日目(6月中旬時点)ですが、働いてみての感想は?

 

飯塚
「ああ、ケーキってこういう感じだったな〜!」と

毎日あたふたしています。焼き菓子とは手順も違うし

個人店は独特のスピード感が要求される環境なので

まずは、大至急お店のペースに慣れたいと思っています。

先輩方にはご迷惑をおかけしっぱなしです(苦笑)

先輩スタッフの印象はいかがですか?

 

飯塚
先輩方は、すごく優しくて人柄の良い方ばかり。

休憩時間など、いろんな話を聞かせていただいています。

ただ、仕事中は割とピリッと真剣な雰囲気なんですよね。

そういうお店の個性というか、雰囲気にも早く慣れていきたいです。

 

即戦力として期待されている飯塚さんなら、すぐ慣れますよ!

 

飯塚
ホールケーキを陳列し、切り分けて提供する乳菓子屋のスタイルは

とにかくケーキの鮮度とスピード感が命だと思っています。

お客様の口に入るものだから、素早く丁寧に。

技術的には、高度なことを求められる職場ですね。

腕が追いついてきたら、もっともっと仕事を楽しめると思います!

 

 

 

 

 

独立の夢に向けて、いろんな経験をしたい。

 

やっぱり将来の夢は独立ですか?

 

飯塚
はい。いつかは地元で両親と一緒に…と夢を抱いています。

まだまだ先の話ですけどね(笑)まずはしっかりお店に貢献してから!

 

乳菓子屋は全力で独立を応援する、ちょっと変わったお店です。

 

飯塚
独立に限りなく近い経験ができる「トライショップ」もありますし

今の時点でも、素材の使い方や仕入れのルート

経営についてetc…佐藤オーナーにいろいろ教えていただいています。

ケーキの材料も、数年でどんどん改良されていて

ガラッと変わっているので、とても勉強になっています。

 

飯塚さんの思う、いいお店の条件って何ですか?

 

飯塚
お客様との信頼関係ができているお店、でしょうか。

 

ほうほう、その心は?

 

いつでもお客様を明るい笑顔で迎えられて

変わらず美味しいケーキを食べていただく。

その関係性がしっかりと育っていれば

お互いに気持ちよく接することができるし

クレームも起こりにくくなるのかな、と。

 

実はクレームが多い業界だからこそ

お客様との揺るぎない信頼関係が大切ということですね。

 

飯塚
はい。僕も、乳菓子屋の一員として

一歩一歩、お客様との関係を深めていけたらと思います。

 

ありがとうございました!
期待の大型新人、飯塚の活躍にご期待ください♪

 

 

 

 

 

店主からのエール

個人店や結婚式場など、さまざまな職場で経験を積んできた飯塚さんは

期待のホープです!  まだ入店して1ヶ月弱と日は浅いものの

即戦力として既に大活躍してくれています。
将来の独立に 向けて、店舗運営や人材育成など

私が持っている知識はすべて渡していきますので

一緒に頑張っていきましょう

 

 

PROFILE

飯塚怜史 27歳
入社1ヶ月目
おすすめのケーキ:夏季限定 生レモンケーキ

 

 

求人情報はこちらから

 

 

スタッフ紹介はこちらから

 

 

その他のエピソードはこちらから

 

 

一覧へ戻る