information

お知らせ

【乳菓子屋を支える 生産者さんのご紹介①】

みなさん、こんにちは😊

今回、日々乳菓子屋を支えてくれている生産者の方々を

店主が紹介するコーナーを立ち上げました!!

 

今回はその第一弾です😆🎉

 

 

~ 小国ジャージー牛乳生産者編 ~

 

店主「乳菓子屋といえばまずはこの方!!北里克己さんです!!

小国町坂本で、ジャージー牛の酪農を夫婦で営んでいます。店主と同い年で2024年現在46歳、同じ高校出身、最近は歳相応の趣味、神社巡りにハマってるらしいです。

奥さんも同級生で、店主とは同じ保育園・中学校・高校と、しかも名簿順で隣になっていたので、大人になってからのご縁にもびっくりです!!」

 

北里「改めてまして・・・よろしくお願いします!!」

 

店主「たしか高校卒業後は自衛隊で働いていたよね?」

 

北里「そうそう。結婚を機に小国に帰ってきて、妻と一緒にお義父さんからジャージ牛の酪農を学んで、気が付けば18年、早いね・・・」

 

店主「歴が18年ならもうベテランだね・・・」

 

北里「いやいや、18年、46歳だと小国ではすごく若者あつかい(笑)」

 

店主「高齢化が進んでいるからね(笑)、若者に分類されるけど、酪農はこだわってしっかり育ててるよね!!」

 

北里「乳を安定させるために飼料も与えるけど、主なものは自家牧草なんだよね。

草作り、土作りから考えて、牛におなか一杯食べてもらえるように努めています(`・∀・´)エッヘン!!、」

 

 

 

北里「牛は子供と同じぐらい愛情をかけているけど、しゃべれないからしっかり観察して、暑すぎないか?体調は大丈夫か?ストレスを感じてないか? って、結構手がかかるとです・・・」

 

店主「なるほど~、でもやっぱりその愛情のおかげで、濃いしっかりした牛乳が出来るんやね~。ありがとう!!

その美味しい牛乳のおかげで、乳菓子屋のお菓子の味は安定していて、たくさんのお客様に支持してもらってます・・・。小国ジャージー牛乳様様です!!

せっかくだから、乳菓子屋の好きなお菓子を教えてくださいな。」

 

北里「小国ジャージー牛乳で作るカスタードたっぷりのミルクレープかな・・・。あと牛乳は入ってないらしいけど、ガトーショコラはやっぱり美味しい(笑)」

 

店主「ガトーショコラはジャージー牛乳を使ってなくてごめんね(笑)。でもやっぱりミルクレープだよね!!乳菓子屋No.1のケーキです。ミルクレープはすっごく作るのが大変で、製造が追いつかない時もあって売り切れてしまうから、小国から買いに来る時は予約してね!!」

 

北里「うんうん。乳菓子屋って本当に小国愛、熊本愛が強いよね~。そのまま小国、熊本を愛しながら多くのお客様へ美味しいケーキを作り届けてくださいな。」

 

店主「ありがとう!!最後に乳菓子屋のお客様に一言お願いします!」

 

北里「私たちが生産した小国ジャージー牛乳を好きでいてくれてありがとうございます!

あと冬の小国は寒く、道が凍結することもあるので、小国に来る時は気を付けてください(笑)」

 

 

 

 

北里克己さん、ありがとうございました!!

 

次回の生産者シリーズもお楽しみに😆🥳

 

一覧へ戻る